黒い羊は嗤わない〜悪意の欠片のネタバレブログ

漫画「黒い羊は嗤わない〜悪意の欠片」のネタバレ・結末・試し読み・あらすじ・感想をまとめたブログ。

黒い羊は嗤わない〜悪意の欠片 ネタバレ結末 第1話 坂口みく

世間を騒がせた「連続殺人鬼」の妹というだけで、人々から悪意をぶつけられ、漂流するように隠れ暮らすヒロイン。両親もまた、兄の手に・・・

坂口みく作、漫画「黒い羊は嗤わない〜悪意の欠片」は、黒い過去の記憶に翻弄される女性の物語です。

何の罪もない女性が「兄が犯罪者」というだけで世間から白眼視を受け、いじめ・差別・性的虐待などありとあらゆる苦労が襲いかかって成長し、再び「兄」の影が現れます。

〈電子先行配信作品〉

>>「黒い羊は嗤わない」無料試し読み

 

「黒い羊は嗤わない」第1話のあらすじとネタバレ

両親惨殺の夜の記憶


美月には、忘れたくても忘れられないどす黒い「過去」がある。

それは満月の夜、深夜に目を覚まして両親の部屋に行くと、兄が、ベッドで眠っていた大好きなパパとママをめった刺しにしたあとだった。



部屋中血まみれで、兄の手にはまだ血のしたたるナイフが握られていた。

「お兄ちゃん?」

悲しげな顔をした兄が自分を見て、美月の記憶はとぎれる。

それから15年後


あの忌まわしい事件から15年後、成長した美月は小さな町の定食屋で働いていた。

働き者で笑顔も綺麗な美人とあって、看板娘になっている。

定食屋の夫婦はかわいがってくれたが、お姑さんが美月を「気に入らないね。何か人に言えない過去があるんだよ」とうさんくさがっていた。


引きこもりの兄が両親殺害のほか、3件の殺人事件に凶行におよんでいた、とニュースで大々的に報道され、逃亡した兄は今も捕まっていない。

犬養竜一の妹だ、というだけで幼いころから美月はさんざんな目にあってきた。

世間の悪意にさらされて育つ


親戚には厄介者扱いされ、やっと引き取ってくれた家でもイヤイヤだった。


学校ではみんなが兄の事件を知っており「殺人鬼の妹」と激しいいじめも受けた。

担任の先生は「厄介者が!」といじめを知っていても知らぬふりをし、引き取った家の娘までいじめられるようになって追い出されてしまう。



親戚にたらい回しにされた美月は、つぎの家でも暴力をふるわれたり、家の息子に性的虐待を受けた。

「連続殺人鬼の妹なんて、誰も助けてなんかくれない」

まるで兄の汚れを引き受けたかのように、美月は世間からありとあらゆる迫害を受け続けて育った。

身元を隠して暮らす美月


やっと自活できる年齢になってから、美月は身元を隠して暮らすために「犬養」という名字を捨てて母親の旧姓である「影山」を名乗るようになっていた。



あの事件からだいぶたったとはいえ、兄は指名手配中であり、何かの拍子に兄の罪が顔をだす。

食堂で働く平穏な日常は、美月にとってはささやかな平和だった。

秋山というしつこい男に誘われる


食堂の常連である秋山は、来るたびに美月にしつこく言い寄っていた。

強引な男で、美月が返事もしていないのに「今話題の映画、一緒に行こう」とチケットを無理やり渡して「日曜日に待っている」とさっさと行ってしまった。

食堂のおかみさんは「もう少し人生を楽しんだら?」と、若いのに遊びらしい遊びもしない美月に言う。



普通の人のようにデートなんて、と戸惑っていた美月はテレビ画面に流れたニュースを見て凍りつく。

『未解決事件特集』

世間は、何年たっても、いつまでも忘れてくれないのだ。

兄のことを知られたら、皆変わってしまう。



どこに行っても「人殺しの妹」でしかない自分。

リアルだけではなく、ネットでの書き込みも想像を絶するような悪意がうずまいていた。

お墓参りに行く美月


日曜日、秋山との約束をすっぽかして両親の墓参りに出かけた美月。

帰りに、スナックを経営している叔母・紗子のもとを訪ねてお金を渡す。母の妹で、影山家とわけあって縁を切っており、行方不明だったひと。

美月を最終的に引き取ってくれたのは、この叔母で唯一、自分にまともに接してくれた親戚だったからだ。

兄の友人だったという辻康太が叔母の行方を探し当て、自分を引き取るように説得してくれたのだった。

週明けの勤務のあと、夜道で秋山が美月を待ち伏せして・・・

「黒い羊は嗤わない」第1話の感想


想像を絶するほどの、理不尽なひどいイジメと虐待。世間からの白眼視。

幼い少女だった何もしてない美月が、なぜこんなひどい目にあわされなければならなかったのか。



すぐに主人公に感情移入して、読みながら切なくなってしまいました。

親戚もひどすぎで、「うちは無理よぉ、殺人犯の妹なんて」と冷たく、「あんたなんて好きで引き取ったんじゃない!」と怒られるわ、学校に行けば「おまえの兄ちゃん人殺したんだってな」とクラス中が敵。

担任からして「なんで俺のクラスなんだ!」チッと舌打ちしちゃってるしで、もー人間不信にならないほうが不思議なレベルです。

そんなひどい扱いをうけてきたのに、美月は兄のことも周囲のことも恨まず、ひたすら耐えていました。いい子すぎて逆に切ない・・・

次回、トーカーとなった秋山に事件を知られ、美月はせっかく得た平穏をぶち壊しにされ、ふたたび不幸のどん底に落とされてしまいます。

>>「黒い羊は嗤わない」続きを読む

 

第2話の感想

kuroihituji.hatenablog.jp

 

 

広告を非表示にする