黒い羊は嗤わない〜悪意の欠片のネタバレブログ

漫画「黒い羊は嗤わない〜悪意の欠片」のネタバレ・結末・試し読み・あらすじ・感想をまとめたブログ。

黒い羊は嗤わない〜悪意の欠片 ネタバレ1巻最終話 第4話

 行方不明だった兄が、生きていたーー刑事・石嶺から兄の目撃情報があると聞いて、不安と同時にホッとする美月。

しかし、美月の周りで再び「事件」が起こり始め、不穏な空気が流れ出します。

「黒い羊は嗤わない」第4話のあらすじとネタバレ

叔母・紗子の入院

大切な叔母である紗子が入院し、付き添う美月は、記憶の中にある最後に見た兄の悲しげな笑顔を思い出していた。

目覚めた叔母は、竜一の目撃情報のことをすでに知っており、昔のことを語り始めた。

自分が影山家と疎遠になったこと、そして竜一が引きこもりになる前に紗子に悩みを打ち明けにきたことを話した。

叔母はその「悩み」が何なのかまで教えてくれなかったが、「とても人を殺せるような子ではない」と言い切った。

優しくて、傷つきやすい子だった、と。

秋山の死を知る美月


康太が病室にやってきて、亜梨紗との婚約は保留にしたと話す。

「あの秋山ってやつ、亡くなったよ」

だから、もうストーカーの心配はないし、「彼氏」もできたみたいだから自分もいらないよね、と言う。

「彼氏」と勘違いしているのは、あの刑事のことだった。

変死事件は兄の仕業か!?


刑事・石嶺晃司に会って聞くと、秋山は数日前に駅のホームから転落したのだという。

石嶺は秋山がネット上で中傷をしていた犯人ではないか、と言い、この前言っていた2件の変死事件についても「過去に美月に危害を加えた者」たちだった。



まさか、兄が・・・!?

シチュエーションだけ見ると兄の仕業に見えるが、美月にとっては兄がどうしてもそんなことをするとは思えない。

「あのときの記憶を取り戻したい」

もし、真相をはっきりとさせられるのであれば、幼かったあの記憶を呼び覚ますこともいとわない。

「兄を探し出して、会いたい。
会って、もうやめてって言わなきゃ」

それを聞いた石嶺は、自分が協力すると申し出た。

忍び寄る魔の手

その頃、フードで顔を隠した何者かが病室で眠る紗子を始末しようと、忍び込んでいた。

「検査の時間ですよ」

看護婦の巡回で、ギリギリ救われた紗子。

「ソイツ」は、何事もなかったかのように去っていったが・・・

「黒い羊は嗤わない」第4話の感想


第一巻のラストとなる4話ですが、「美月に危害・迫害をしたものに制裁」を加える何者かが暗躍します。

顔が隠れて見えませんが「メガネ」をかけていたり、秋山を突き落とした存在は「女性のように髪が長い」ように見えたり、犯人像が一定しません。

女性の方は美月っぽく見えなくもなく、まさかの「主人公が犯人でした」展開もあるのかなあ。

(二重人格で無意識のうちに犯行を重ねていた、とか)

あるいは、個人的に一番あやしいのが「康太」です。いい人過ぎて、うさんくさい。

事件のあった当日に竜一の部屋に遊びにきていたし、背格好年齢もそっくり。メガネ着用、となると役満ですよね。

やたらと優しいのは、じつは美月を監視するためで、いつか竜一が接触してくるのを待って、完全犯罪にするために始末するつもりでは・・・と深読み。



先が気になりますが、電子先行配信で出たばかりなので2巻はまだまだ先でしょうね。面白くてワクワクします。

 

>>「黒い羊は嗤わない」無料試し読み

 

こちらのサイトの記事もよく読まれています。


復讐のために美女に生まれ変わったブスのリベンジ漫画!
 

「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」ネタバレ